~Since 2006/10~
   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待望の新しいカスタムファームウェア3.51リリース。ロシアのハッカーチームMMSによって製作されました。前作OEのバグ、その他改善、3.51の機能が使用可能になり、さらに、PS1のISOがISOフォルダより直接起動が可能になりました。

PSP 3.51 MM3
download2.gif
Size:235KB
(PSP-Hack)

CFW3.51リリースと同時に3.51対応のCWCheatも公開されました。
mhp2.gif
Size:1.87MB
(PSP-Hack)


※PS1のISOの直接起動は誤報だったそうです。
PS1のISOはあまりやらないので確認してませんでした。
本当に申し訳ありません。
スポンサーサイト
アップデート本体のダウンロードはPSP公式サイトから

3.10からの変更点
PLAYSTATION®Networkタイトルを遊ぶための機能を強化しました。
-メニューに[ゲームリセット]を追加しました。


3.11にする必要はないとおもわれます。
3.10 OE-A出るのが予想以上にはやいですね!早速試してみました!

手順を書きます。


『用意するもの』
PSP v1.50のアップデートファイル(EBOOT.PBP)
PSP v3.10のアップデートファイル(EBOOT.PBP)
CFW 3.10OE-A本体(PSP-Hacks.com)
PSP本体(FW v1.50~v3.03OE-C)

『DATA.DXARの作製』
『手順1』
ダウンロードした310oe_aを解凍してください。
中にある[oeaupdmaker]と[oeaupdmaker%]を
MS0:/PSP/GAME(GAME150)/に保存してください。

『手順2』
[oeaupdmaker]内に1.50のアップデータ、3.10のアップデータを
それぞれ150.PBP、310.PBPに名前を変えて保存してください。

『手順3』
後は、PSP本体から3.10 OE-A Update Makerを起動するだけです。
作製時間が長いので気長に待ちましょう。

『3.10 OE-Aへアップグレード』

『手順1』
[310onflasher]と[310onflasher%]を
MS0:/PSP/GAME(GAME150)/に移動してください。

『手順2』
次にPSP本体から3.10 OE-A Firmware Installを起動してください。
起動する前に、バッテリー容量が75%以上あることを確認してください。

『手順3』
アップデート終了後、再起動してください。
本体情報で3.10 OE-Aになっていたら成功です。


※以上の方法でPSPが破損などしても当サイトは一切責任をとりません。




てことで、今日は本日リリースされたアップグレーダー
『アップグレーダー3.03OE-C』
のアップグレード法を教えます。

『3.03OE-Bからの変更点』
・AVC形式(H.264)の限界ビットレートを16384Kbpsにアップ。
・起動が高速になった。
・XMB上でのCPUクロックを変更できる。
・Wifiが333Mhzでも動作するようになった。
・リカバリーモードでflash0:とflash1:にUSB接続でアクセスできるようになった。(Booster氏によるUSBSSSのものを使用。書き込みも可能)
・メモリースティックをPSPでフォーマットした際にGAME150フォルダとGAME303フォルダも作るようになった。
・XMBからのISOファイルの削除が可能。
・HENのコアを変更。
・popstationでKEYS.BINが不要に。Dark_AleX氏が心配していたMS過剰アクセスのバグも修正された模様。

『準備するもの』
・FW1.50のPSP。(管理人はFW1.50でのみ試したのでほかのカスタムファームウェアで成功した方がいましたらコメントください。)
・『3.03 OE-C by Dark_AleX』本体。こちらからダウンロードできます。
・FW1.50とFW3.03のアップデータファイル。
FW1.50とFW3.03はFILEEXPOSITION様からダウンロードできます。

『!注意!』
このアップグレードはFlashの書き換えになります。万が一PSPが壊れても自己責任でお願いします。


『手順1』
ダウンロードした303oe_C.rarを解凍してください。
1.5なPSPなので、4つのフォルダをMSのGAMEフォルダにコピーします。
[303oeflasher][303oeflasher%][oeupdmaker][oeupdmaker%]
1.50のアップデートデータを150.PBPに、3.03のアップデートデータを303.PBPにリネームし、先ほど入れたMS内の[oeupdmaker]フォルダ内に入れてください。

『手順2』
PSPのXMB>ゲーム>メモリースティックから3.03 OE-C Update Makerを起動する
自動的に3.03 OE-C用のDATA.DXARファイルの作成が始まります。
作成終了後、自動的にXMBに戻ります。
MS内のoeupdmakerフォルダにDATA.DXARが作成されているのを確認してください。
8.作成されたDATA.DXARを303oeflasherフォルダに入れてください。
(DATA.DXAR移動後、[oeupdmaker][oeupdmaker%]フォルダは削除しても大丈夫です。)


『手順3』※ここからFLASHの書き換えになります。
PSPのXMB>ゲーム>メモリースティックから3.03 OE-C Firmware Installを起動してください。
起動確認が出てくるので覚悟を決めたらXでスタート、チキンならRボタンでキャンセルしてください。
Flashの書き換えが始まり、3.03の展開が100%になると終了します。
×を押すとPSPが終了します。
PSPの電源を入れ、本体情報が3.03OE-Cになっていたら成功です。


上記の方法でのPSPの故障はすべて自己責任でおねがいします。当サイトは一切責任をとりません。
3.03OE-Bへのアップグレード法を紹介します。
アップグレード法紹介の前に3.03OE-Aと3.03OE-Bの違いを説明します。
『追加点』
・動画再生機能のリミッター解除、320×240の制限が解除された
以上。

では、早速アップグレード法を紹介します。
『確認すること』
・自分のPSPのバージョンが3.03OE-Aであること。3.03OE-A以外のバージョンでは絶対にこのダウングレーダーは使用しないでください。
30.3OE-Aへのアップグレード法はこちら

『手順1』
始めにこちらから〔3.03 Open Edition Revision B〕をダウンロードしてください。

『手順2』
ダウンロード後、[docmaker]と[MS_ROOT]ができます。
MS_ROOT→PSP→GAME150→へ行き、
GAME150内にある[OEB_UPDATE]というフォルダを
メモリースティック内のPSP→GAMEをフォルダにコピーしてください。

『手順3』
PSP本体に戻り[3.03 OE-B Update]を起動してください。
結構早くアップデートが終わります。
本体情報で3.03OE-Bになっていたら成功です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。